ガソリンタンクのレストアの巻

お客様よりご依頼頂いている初代シルビア量産3号車の燃料タンク、腐食が進み内部のサビは勿論の事、溶接部分等のあちこちに小さな穴が・・・
って事で、こっちも綺麗にしちゃいます🎵

thumb_IMG_5325_1024.jpg

こっちは仕上がったタンクです。
で、こっちが作業前。

S__39182352

そして、内部がこんな感じ・・・

S__39182340

このタンク内部をQuickBlast™で綺麗にブラストを行い溶接で蓋をして圧力テストに入ります。

あまりタンクを割るのは一般的ではないのですが今回はあまりにも腐食がひどいのでこのような作業になりました。

完成後は外装の塗装を行いシーラーを使ってタンク内部の防錆、防漏れ作業を行って完了です。

 

 

 

 

0

日産スカイラインGTR (R32)の巻

今日の納車はネオジャパニーズマッスルカーのチューナーの「ザウルス」様からご依頼のR32GTRです。
IMG_7357IMG_7353

実は本当は数日でデリバリーする予定だった車両でしたがバイトが来なかったりバタバタして梅雨入りしちゃったりで
納車がズレにズレ込んで今日になってしまいました。(汗)

最初に、R32GTRのお話を頂いたときに「えっ!まだ新しい車じゃなかったっけ??」って感じでしたがよくよく考えると

もう25年は立ってるんですよね・・・

歳とるわけだ・・・

って感じで無事にQuickBlast™で初期化が完了したR32GTRです♪

IMG_8172IMG_8171

日産車の常で錆に弱いボディパネルでしたがしっかりと防錆剤を効かせてます。

IMG_8173これがエンジンルーム。

 

IMG_8175フロントサイドですね。

 

IMG_8174そして、こっちはリアシート部分。

 

IMG_8178そして極めつけはこのピカピカに初期化されたボディ下部♪

IMG_8196

って事で、ドナドナしていきました・・・

0

QuickBlast™の可能性 ~アルミホィール~

実は弊社で一番ご依頼が多いのは自動車やバイクのパーツなんです。
その中でも比較的に多いのがアルミホィールやてっちんと言われる鉄ホィールなんです。
今日は最近実施した施工例をご紹介します。

IMG_8081

これはロータスエリーゼに装着していたレースホィールです。
余りの軽さにびっくりでしたがパウダーコートをしているホィールでレースで酷使したブレーキから
カーボンが焼き付いて頑固にこびり付いているのが見えます。 
オーナーさまは、今まではサンドブラストで剥離をしていた様でその度にホィールが痛んでいくのを
目の当たりにして心が痛んでいたそうです。

「ホィールも安価なものではないですし・・・」

と言う事で今回弊社にお持ち込み頂きすぐにQuickBlast™で施工開始です。

結果ですか?

IMG_8095

 

こんな感じに仕上がりました♪
ちなみにお預かりした翌日の朝一にはオーナー様直接お越し頂きお持ち帰りになりました。

IMG_8089IMG_8091

IMG_8088

QuickBlast™の大きな特徴はこの様にエンボスや刻印がダメージ無くそのまま綺麗に残るんです。
サンドブラストは乾式直圧で8,9キロの高圧力で研磨剤を吹き付ける為対象物に対して
摩擦で起きる摩擦熱等、非常に大きなダメージになるのです。
その点、QuickBlast™は水を媒介するウェットブラストの為摩擦熱が起きない。
そして噴射圧がわずか4キロと対象物に極めて攻撃性が低いと良い事ずくめ。
そして皆様の一番の心配のサビに関しては防錆剤を一緒に混ぜて施工するため
剥離、防錆を一度に行うのでその心配も無し!
って事で、各方面にたくさんの注目を浴びている理由が分かりますね。

0

日産S30Zの巻

最近特に70年代以降の旧車の問い合わせが多くなっている弊社です。

そして今日の入庫はフェアレディZ!

懐かしいですよね、つい最近まで安かったのに今の値段は高騰しちゃってすごい事に成ってます。

18892_682418641902128_7618258900741993168_n

ドンガラ状態でやって来たS30、あちこち錆で行っちゃってます。(汗)
特に鉄板が良く錆びやすい日産車ですがそれでもこの個体は良い方ですね。

IMG_7155

って事で、3日後・・・綺麗になっちゃいました♪

IMG_7303IMG_7300

IMG_7316IMG_7318

素晴らしいプレスラインも出てきました。
今までの板金の方法で行くとこの後はボディ全体にパテを薄く盛って研ぎを行い色を載せるのですが

色々と欠点が・・・
1.パテ盛りに時間が取られる。
   少なくとも付きっ切りで2~3週間は掛りますね。
2.パテを盛った後には研ぎを入れるのですがせっかくのプレスラインが消えてしまい車本来のスタイリング
   を台無しにしてしまいます。
3.経年でパテが割れ、その隙間に水が入り込み錆の発生。   

その点、QuickBlast™は・・・
1.鉄板表面を傷つける事無く細かいところまで剥離、防錆が出来出荷状態まで戻るため
   表面の研磨等の必要がない。
   また、足付けも同時に終えるため直接サフを吹いて研ぎを行った後にすぐに色を入れる事が出来る。
   ちなみにこれは数日も有れば終わります♪  

2.パテは板金を行った必要な個所のみ使用のため、必要最小限の使用に限られる。
3.パテが殆ど無いので割れる事もない。

と、良いことづくめなんですよ♪

IMG_7307IMG_7308IMG_7313

こんなとこまで綺麗に剥けちゃうんですよ♪
これは絶対、従来の剥離剤やカップブラシでは絶対とれませんよね。

って事で、次のZが入庫待ちです・・・
忙しい毎日です♪

0

ホィール剥離の巻

VWアーリーバスのホイールをQuickBlast™にて剥離のご依頼のWさまです。
剥離後、オプション作業のウオッシュプライマー塗布を終えお引き渡しとなりました。

11425107_689030491240943_98520657532869539_n

ここでQuickBlast™のうんちくを少々。

QuickBlast™は、メディアと言う研磨剤、水に防錆剤を一緒に高圧で噴射して剥離をする施工法なんです。
一般的に行われている、乾式のサンドブラストは水を使わないため摩擦熱で施工対象物にダメージを与えてしまうのが欠点でした。
その点、摩擦熱と縁のないQuickBlast™は攻撃性が極めて低くホイールの刻印も綺麗に残る画期的な施工法なんですよ。

11062353_689030614574264_7392790536659326719_n11393165_689030627907596_7876226883147199222_n

ね?
綺麗に残ってるでしょ♪

11393256_689030811240911_8972228194027960282_n

って事でニコニコ顔でホィールを受け取り頂きました。
また、遊びに来て下さいね!!

0

BMW2002の巻

長い間、フェイスブックばかりやっていてブログの方をおろそかにしてしまったので反省してます。(汗)
って事で順不同になってしまいますが今まで弊社で手掛けた案件を随時載せていきますね。

クラッシックBMW専門店のオートファインさまより ご依頼のBMW2002をQuickBlast™による総剥離を開始しています。
10996068_658672970943362_7821328506157188893_n11164723_660611240749535_9204404716029231010_n

実はこの宇宙服みたいなやつ、常に新年な涼しい空気が供給される超快適な優れもの。
工場内は冷房も無く夏は地獄ですが剥離担当のスタッフは一番快適な環境で仕事してます。(笑)

10930990_669682346509091_6389038810462497387_n11205553_669682369842422_3630553599781910691_n

わずか数日で綺麗に剥いちゃいました♪

お決まりの場所が錆びて穴が開いていたり・・・
でも、アメリカでは2002のアフターマーケットのボディパネルが手に入るんですよ。
日本車の10年落ち位になるとパーツが見つからなくなるとのは雲泥の差ですよね。
11265619_676124162531576_217741336690290930_n10524607_676124315864894_744428326511749694_n

て言う事で剥離を終えたドンガラはこのまま板金屋さんへ向けて出発!!
早くレストアを終えた姿が見たいですね♪

0

弊社代理店さまご紹介「パシフィックブラスト東海」

弊社、パシフィックブラストジャパンに新しい代理店さまのご紹介です。
「パシフィックブラスト東海」と申します。
東海地区を担当しております。

IMG_7759

ご報告が遅れましたが名古屋で開催されました「Galf名古屋ノスタルジックカーフェスティバル2015」に
東海さまのサポートでパシフィックブラストジャパンが一緒に参加してまいりました。
IMG_7688IMG_7683

IMG_7687IMG_0998

沢山の来場者の前、R2をQuickBlast™にて剥離のデモンストレーションを行い
来場者様の関心の高さにスタッフ一同テンションが上がりました♪
IMG_7737IMG_7742

また、会場までわざわざ部品をお持ち頂きお仕事の依頼も頂き感謝いたします。
今後ともパシフィックブラスト東海とパシフィックブラストジャパンを宜しくお願いします。

0

VW、エキマニQuickBlast™施工

ちょっとお話は前後しますが、VWビートルのアフターマーケットエキマニのQuickBlast™施工のお話です。

IMG_2934

見事な錆具合です・・・(汗)

でもこう見えても、このエキマニは普通のアフター品ではなく本物何です。

大切にしないとね。

早速、剥離開始です。

IMG_2936

結果ですか?

そりゃあ、毎度のことながら見事な物でした。(笑)

IMG_3025IMG_3021

この後、このエキマニはパウダーコートに回されます。

0
Page 1 of 4 1234